紅一点。

多趣味リケジョの成長ログ

お金を「もらいながら」英語上達できる!観光地バイトのメリット

こんにちは。まじろー(@majirolike)です。

 

 

今回は観光地で接客アルバイト(リゾートバイトではなく)するメリットについて経験をもとに紹介していきますよー

 

注意!

 

 ここでいう観光地アルバイトとは?

 

 東京でいうと浅草寺、東京タワー、築地などのような、

 外国の人が観光で好みそうな場所の周辺での接客アルバイトのこと。

 

 リゾートバイトのような、日本人向け観光地で

 がっつり短期間で稼ぐものはちょっと勝手が違いそうなので

 ここでは当てはまりません。ご了承ください...

 

 

 

 

メリット① 英語が上達する!

 

 

外国人観光客がたくさん訪れる場所では、もちろん英語が必須になります!

 

日常的にバイトで英語を使ってると、自然と英語が口から出てくるようになります。

 

英会話教室や外国人の友達と話すのと大きく違うのは、

相手にとって自分は取り留めのないただの店員であるということ

 

ネイティヴの先生や友達は、あなたが言葉に詰まっていても一生懸命聞いてくれるでしょう。

 

でも、ただの店員ならどうでしょう?

 

言葉に詰まってるのなんて普通待ちませんよね?

 

詰まってる間に"Um, Okay✋"って言ってどこかに行ってしまいます。

 

これ、めちゃくちゃ悔しいです。(笑)

 

早くしなきゃ喋らせてももらえません(-_-)

 

なのでバイトを続けるうちに、どんどん頭の中で文を組み立てるのが速くなって、

そのうち

「言いたいこと→日本語→英語に変換」

ではなく

「言いたいこと→英語」

みたいな感じで思ったことがスラスラでてくるように。

 

 

英語で喋ってくる人がネイティヴスピーカーだけじゃないってことも魅力です。

イギリスやアメリカだけでなく、韓国人、中国人なども英語で喋りかけてきます。

それぞれ国によって特徴があって面白いです。

  

 

 

メリット② 外国語学習のモチベが上がる!

 

 

いくら英語がうまくても、上手に伝わらないときってありますよね。

相手がノンネイティヴならなおさら、いかに伝えやすくするかを工夫しないといけません。

 

といった具合に、英語で話す内容を工夫する習慣がつきます。

 

しかもその工夫がバイトに入るたびすぐ実践で使えるっていうのが、どんどんモチベーションアップに繋がりますよ。

 

またそれは英語に限りません。

中国人や韓国人など、観光客が多い国の言語は使えるとなお便利です!

 

私もこの時中国語を学び始めました!

  

 

メリット③ お金がもらえる

 

 

何言ってんだ?って思いましたか?

 

今の時代、お金を”払って”外国語を学ぶのがほとんどです。

 

でも観光地でバイトすれば、お金をもらいながら勉強することができます!

 

もちろんバイトの時間中、100%を自分の学習に還元することはできませんが、それでもこんなお得なことないですよね?

 

 

メリット④ 外国の文化に触れる

 

 

私の働いていたのは食事処だったので、食文化(というか好み?)はたくさん学びました。

 

中華系の人はだいたい抹茶好きだけど、欧米の人は極端に好き嫌いがわかれる

 

とか、

 

中国の人はご飯を少し残すのが礼儀

(残すためにか、注文する量が多い)

 

とか、

 

あとは宗教の違いも直に感じました✨

 

 

メリットというより、教養的な学習って感じですね(^^)

 

 

 

終わりに

 

 

せっかくアルバイトするなら

自分の資産になる方法を考えた方がいいですよ!

 

接客にしても、家庭教師にしても、

「このバイト経験を、今後いかに生かすか」

を考えて選びましょう!

 

時間を売った対価が、給料だけじゃもったいないですよ?

 

 

 以上、まじろーでした。